今年の北海道高校入試問題(数学)

このエントリーをはてなブックマークに追加

数学については
若干、易しくなったという感想を持っています。
裁量問題がこんなもん?
という感じです。
特に立体が絡まなかったのは少し驚き。
どこかで見たことのあるような
あるいはよくやらせていたような問題が多かった印象です。
多分、証明は厳しい人が多かったのではないかと思います。
ただ、中点連結使うよねと気づけたらあとは時間がかからない。
比較的、学校でもよく取り上げているところですが
自分で線をひかせるタイプはちょっときつい。
あらかじめ引いてあることが多いので。
裁量では、ほぼ僕の予測したとおり、
① 整数・確率複合問題。2次関数もしくは2次方程式と絡むかな
と思って、前日も頭の体操風に解き方教えていた。
② 誘導が丁寧なので、弧と円周角の関係にはすぐに
気づけたかな。
③ 関数と図形。等積変形にはすぐ気づくのだけれど、どう使えばいいかは
練習量によるので、素直に方程式に落とし込んでやるほうが、
リスクが少ない可能性が高い。
かっこよく等積変形使いたかった人も多いかもしれないけど。
ただ、訳わかんない座標は(a,b)とおいて処理する。
徹底してきたことが実践で生きたかな?
多分、昨年に比べて、満点取る人は多いのではないかと思います。
あくまで、中学校の数学の範疇を超えるものではないから。
昨年までは発想を中学受験風に変える必要があったと思う
それに比較すると明らかに組みやすい。
6角形も面積を求める公式教えてあるので、行けるだろうし
角錐も正8角錘までなら、方法を教えてあるので、
なんとかなったと思う。
球と円錐の関係については「円柱にすっぽり収まる球と錘の体積比」が
円柱:球:円錐=3:2:1はやっていたのだけれど、覚えてないかな。
ちょっと悔しいかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です