お手紙を書いています②

このエントリーをはてなブックマークに追加

お手紙を書いたところから、土曜日にさっそくご連絡を
いただきました。
続けさせたいのですが。。。というお話しでした。
高校生は個別指導があるので。。。
答えとしてはもう少し様子を見ませんかというのが
私の返答でした。
その子が行っている学校は宿題が多く、また部活も盛んです。
そこで塾が加わると遠方ということもあり、バランスを崩してしまう
恐れがあります。
せっかくお金を頂戴して指導するのですから、
その効果が最大限になるタイミングで形を作って
差し上げたいのです。
そのためにはまず宿題をどのくらいの時間で対応できるかを
この1週間ではからなくてはいけません。
そのうえで部活にどのくらい時間が必要か。
だとすれば塾で使える時間はどのくらいか。
方針として、学校重視をするのかしないのか。
一つお預かりするだけでもこのくらいは考えなくては
いけません。
だから、少し待ってくださいなのです。
どんな子かはこの期間のお付き合いで結構理解できている
つもりなので。。。
この1週間様子を見て、ゴールデンウィーク前にスタートしなくては
いけないかもしれません。
ただうちの塾の方針はやみくもにあずかることではありません。
やる以上効果を出すのです。

It\'s only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です