北海道尚志学園の説明会に行ってみた。PAT共育ゼミナール。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前々から思っていたことではあるのですが、
尚志はもっと高く評価されてもいい学校だと思っています。
実は成績上位の生徒に対する
指導はかなり良い学校だと。
例年、北大に少しずつですが入っていて、
徐々に増えてるイメージがあります。
他の塾さんの指導に対して批判はしませんが
学校は別。外部からの良い批判と対案こそが
その学校を進化させると考えているので。
でかなり辛口になることも多いのですが、
お買い得な学校の一つです。
職業科がある学校という偏見があるかもしれませんが、
京都で一番難しいといわれる洛南高校も
ずっと職業科を持っていましたし。
そのことは低い評価を与える要因にならないと思います。
いわば、「みんな違ってみんないい」だと僕は
思います。子供のしたいことはそれぞれなのだし。
まずは北海道薬科大学にすでに入学時点から
進路保証がされているコースがありますし、
現在の北海道工業大学にも進路保証されている。
以前教えていた子がそのルートで北海道薬科に進学しましたが、
かなり成績は大学の中で上位でした。
北海道工業大学は名称変更改変が行われるそうですが、
今後は医療系の学部が増えるそうですが、
理学療法と放射線技師もあるということで、
将来その方向を目指すならば、イイのではないかと
思います。
実は理学療法って今年北海道医療大学が開設するまで
私立では文教くらいしかなかったのですね。
後は、道外か国立。選択肢が狭かったのですが、
再来年の4月以降選択肢は増えますし、
放射線技師は多分、私立ではなかったような気がします。
今、北大なんかでは、北海道の名だたる公立の占有率が
非常に高く、志望していても入れないというケースも
多かったので、初年度から結構集まるのではないかな
と思っています。
お金はかかるけど、同じレベルの公立に行くのであれば、
志望が決まっているなら、いい選択だと思うのです。
なんで、みんなあまり注目しないのかな。
と思ってしまします。
公立信仰が強いからかな。でも「実」だと僕は思ったりする。
データについては知ってる範囲なので間違っていたら
ごめんなさい。
札幌市中央区 小中高学習塾 PAT共育ゼミナール
ぽおっと発信 札幌市中央区 学習塾 PAT共育ゼミナール代表のブログ

It\'s only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です