いよいよ定期テスト対策。PAT共育ゼミナール

このエントリーをはてなブックマークに追加

2学期末の定期テスト対策も
この中旬からスタートします。
おおよそ11月の15日前後を中心に
分散しやすい日程ではありますが、早めの準備を
しておきたいと思います。
理由はいくつかあって、
中3においては学力Cと同時並行に進みますので、
A・Bでとれていなければラストチャンスとなる
その時間を確保しなければならないという
点があります。
中2は内容のハードさ。
数学が連立方程式、そして一次関数。
理科が電気・化学変化
英語は不定詞と点数の差がつきやすい
内容が山盛りなので。。。
この内容に関してはおいおい勉強法などを
まとめていくつもりですが。
中1は、いよいよ得点差のつきやすい時期に
かかっていくこと。
この部分の勉強の質が、
中3の後々まで影響を与えることは
多いので。。。。
これについても、少しまとめていきたいなと思っています。
最近、乙武さんがツイッターで、書いたことが
ネットで炎上とかの、また騒ぎになっているのですが。
東京五輪の招致のネタだったのですが、不快に思われた方が
多かったようです。
僕自身は何でそんなに炎上騒ぎになるのかわかりません。
滝川クリステル:「おもてなし」
乙武洋匡:「てあしなし」
だそうですが、これを自虐ネタ的にとらえる。まあ、あざとい
とか。。。人が多かったみたいなのですが。
自虐では全くないと私には思えます。
それは障碍を障害ととらえれば、
自虐でしょうが、障碍を個性ととらえれば、なんら自虐ではない。
個性としてとらえることがノーマライゼーションの一歩だと
思っている私としては、なんらうつむくことなく、
言えてしまうことはすごいなぁと正直に思いました。
個人の感想ですが。。
そう考える、僕の考え方は間違っているのだろうか。
気楽に「個性だから」とかは言えない現実が横たわっているし、
解決していくのは一人一人の責任だと思うのです。
札幌市中央区 小中高学習塾 PAT共育ゼミナール
ぽおっと発信 札幌市中央区 学習塾 PAT共育ゼミナール代表のブログ

It\'s only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です