何か毎年変わりばえしないけど、お正月のおせち料理みたいなものだしね

このエントリーをはてなブックマークに追加

例年、同じことを書いていますが
別な意味で
年々歳々花相似 歳々年々人不同
なので。。。代替わりするから今年の中3も
新鮮な気持ちで読めるかな。。。
いよいよ明日、
北海道公立高校の受験日を迎えます。
この何年か、みんな、よく頑張ってきたと思います。
勝負は下駄をはくまでわからないのだが、
僕はみなさんが全員合格するものと
信じています。
以前、栄光で指導にあたった子についても
その思いは変わりありません。
明日の朝、みんなは高校の門をくぐり、
勝負に臨みます。
どんな心情であったとしても、受験生という立場は
同じなのです。条件は五分。
ただ問題を解き、得点を重ね、合格するのです。
だから、今だからこそ
自分のことを信じて欲しい。自分の努力や選択をを信じて欲しいと思います。
自ずと結果はついてきます。
ツライ受験勉強を耐えてきたのですから。
いろいろなものを少しずつ犠牲にしてきたのですから。
成果は必ず出るから。
結果は必ず良いものはずだしね。
だけど、いまから結果を想像するのはやめてほしい。
良い結果が出ない想像しても、自分の人生を悲観しても、
全く意味はありません。
これは去年も一昨年も書いたのですが
皆さんは、人生という道を今走ってっている最中で、その点では僕も同じですが、
入学試験というはそのラップでしかない。ラップで区間賞をとっても、
優勝できるとは限らないし、そもそも、自分なりの幸せをゴールと考えれば、
それも一人一人様々です。ましてや出てもいない結果を悲観的に考えるなんて
全く意味のないことだと思いますよ。
一番大切なのは、その過程の中でどれほど納得がいく努力ができたかなのです。
受験というのは、結果を得ること以上にその中で成長していくという意味で
重要なのです。
受からなくてもいいという意味ではないよ。僕はみんなの合格を本当に心から
望んでいます。なぜなら、それは、みんなが心の底から望んでいることだから。
みんなの努力を知ってるつもりだしね。
ご褒美をもらっていいくらいの努力をしてきたのさ。
なりたい自分になるための近道かもしれないしさ。
世の中には、
金メダルを期待されて取れない人もいる。
大事なところで転ぶとか言われる。
それでも人は期待し続けると思う。
その戦いの中身、頑張りを知っているから
みんなのたたかう受験もそう。
受験は決して周囲との戦いではなく、
いかに自分らしくふるまえるかの戦いであることは
わかってほしい。
僕は皆さんに金メダルを期待し続けます。
大切なことはいつも通りの自分で臨むこと。
受験の瞬間、瞬間を大事にすること。
なかには小5から、お付き合いさせてもらった人もいるよね。
僕ができたのはゆるやかにみんなの背中を押すことだけだった。
みんなは自分で走ってきたのだ。
でも、高校の門を入試のためくぐったあとはもう背中を押してあげることは出来ない。
本当に自分の足で歩かないといけない。
不安に思うことは何もない。もう、その力は十分付いている。
歩き出せ!
自分の手で自分の夢を掴みとれ!
そこにいないけど、先生たちの気持ちは君たちとずっと一緒にある。
晴れやかな笑顔で、試験を終えて出て来いよ。
そして、お家に帰ったらお父さん、お母さん、支えてくれた保護者の方に
ありがとうって言って欲しい。
誰よりもみんなのことを考えてくれているのは、おうちの人だから。
毎年、同じことしか書いていないけれど。
がんばれよ。
ごめん、僕の文章がまとまってないや。

It\'s only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です