ふむふむ。自己採点結果。

このエントリーをはてなブックマークに追加

中3から自己採点の報告が
ありましたが、、、
予想以上に点数が取れている。
相当な高得点ではあります。
前日にした問題は結構今回の裁量と似た問題も
あり、結構とれたのかもしれない。
予想?ヤマ?が当たった気がする。
まあ、塾の先生として重要なそれも要素だと思う。
でも、点数が取れたのは僕が偉いからじゃなく生徒ががんばったから。
「取らせた」のではなく「取った」のです。
と同時に、こちらが感じている以上に
易化が進んだかもしれない。
ますます本日中のボーダー予想は困難になる可能性が
高いように思えます。
さっき高校の知識があれば時短が可能といいましたが、
基本的には授業中に僕は全部教えています。
中3の夏休みとか春休みに。。。
社会は満点近い生徒が続出するかもしれない。
初めの問題で取りこぼさないことが重要。
改めて、一問一答形式の問題を書く(ここ重要)
トレーニングがものをいうように感じる。
記号選択ではなく、書く場面が増えているように
思います。
何はともあれお疲れ様でした。
報告ありがとう。
PAT共育ゼミナール札幌市中央区学習塾代表のブログ

It\'s only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です