ご卒業おめでとうございます。新中1に向けて。PAT共育ゼミナール

このエントリーをはてなブックマークに追加

本日は札幌市内、小学校の卒業式で、
まあ、娘の式ははったらかしに、
近所の中学校と小学校に赴いたわけですが、
とても寒かったです。
最後のほうは声が震えていたと
思うのですが、感動で震えていたわけでは
ありません。寒くて震えていたのです。
ロマンも何もなくてすみません。
お知り合いのお母さんにお会いして
お話もできました。
中1は、今入塾するといろいろ特典があるし、
知り合いはひいきしてしまいます。
六年間本当にお疲れ様でした。
うちでも娘の卒業アルバムを見ていたのですが、
小さかったな。このころ(小1)
小さかったな。このころ(小3)
小さいよな、こいつって(修学旅行)
って、ずっと小さいままかい!
身長が伸びている人かかわらず
周囲が大きくなりすぎに思えます。
勉強の面では、息子以上に何とかしてあげなくては
いけないかなと考えています。
結構、初めの3か月が勝負どころなので、
高1の数学は初めの3か月で躓くと、取り返すのに
半年から9か月がかかります。
中1の数学はそこで躓いてしまうと
1年どころではすまなくなってくる。
数学における共通言語が未定着のままだから
どんどん先生のおっしゃることが、未知の外国語に
近づいていきます。
現中1が小6・小5の内容にかなり弱点を抱えながらも
何とか徐々に点数が上がり始めているのは
この初めの3か月が大きなポイントだったといえます。
ここを何とかスムーズに乗り切らせて
あげたいなと思います。
春期講習、4月授業が重要です。
ぜひ、一度ご連絡ください。
ぽおっと発信 札幌市中央区 学習塾PAT共育ゼミナール
札幌市中央区 小中高学習塾 PAT共育ゼミナール 

It\'s only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です