小6算数今週のポイント。PAT共育ゼミナール

このエントリーをはてなブックマークに追加

今、算数はというか数学全体が、
計算ばかりやらせる時期で、教える方としては
あまり面白くない。
というのは、一回の授業で計算の仕組み自体は
理解できる子が多いからです。
あとは、勘違いで計算方法などを間違うというケースが
あります。
それもその都度、授業中あるいは宿題などで
指摘できるので、難しくて泣き出す子はいません。
けれども得点差は確実につく。
なぜかといえば、スピードの違い。
10問を1時間かけて解きなさい。
計算間違いに気をつけなさい。といえばかなりの確率で
100点をとれると思うのですが、
1分でしなさいと言われれば、スピードの差が出てくるので
得点がかなりばらつくのです。
そして、小6に内容を絞ると、、、
小5での約分のスピードの差が分数のかけ算・割り算では
如実にあらわれるのです。
5年生の段階で小学校のレベルでこの部分に問題あり
と評価を受けていると非常につらいかもしれません。
なおかつ、非常に多くの生徒が約分をしずらい状況に
自分を追い込んでから約分をしようとする。
つまり、計算完了後、約分という形にしようとします。
計算途中で約分することを
徹底させていく必要があると思っています。
最終段階で約分するデメリットは
① そこに到達するまでに計算ミスをする
② 途中で約分を終わらせてしまう。
③ 数が大きくなるほど公約数を見つけるの時間がかかる
などです。
計算時にちょっと気を付けるだけで非常にミスが減り
時間もかからなくなるので、これは徹底させていきます。
今、中1~中3において数学で点数をとれていない生徒の
大部分が、スピードに課題を抱えています。
もっと時間があれば、この問題もこの問題も解けたのに
が非常に多くて。
テストというのはすべて解けることを求めるものが
ほとんどですが、そこには「制限時間内で」という揺るが
しがたい条件が存在しています。
制限時間を超えて解けたとしても、テスト的には
意味はありません。(学習としてはまた別だとしても。)
そして課題を抱える大部分の生徒のほとんどが小学校段階の
計算で時間を取られている現状もあります。
理解もできているし、解けるという得点不振の方は、
一度小学校の計算が高得点の方とどのくらい違うかを
振り返ってみるべきなのかなとも思います。
今、小学生の方は現在やっている計算のスピードが
中学校の数学の成績に結び付きやすい要素の一つであることを
理解しつつ進むべきであろうと思います。
まあ、塾内の授業では繰り返し言っていることなので、
理解できているとは思います。
どの学年もわからない。という人が少ない単元を
今は進んでいますから、得点の差を生み出すものは
練習の量と質だといえると思います。
来週くらいからテクニック的な内容も大きく加わってきますが。
札幌市中央区 小中高学習塾 PAT共育ゼミナール

It\'s only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です