PAT共育ゼミナールの2015年。遅ればせの合格速報。

このエントリーをはてなブックマークに追加

そういえば、合格速報がまだだったなと。
学習塾はそこが通信簿という考え方もありますが
僕はそう思っていなくて、
というのは、あくまでも頑張ったのは生徒であって
僕ではない。
頑張らせたのが僕であることはいえるかもしれないが、
合格に向けて、一番頑張ったのは生徒。
ただ、不合格には大いに僕に責任があると思っています。
昔、もう数十年前の話ですが、ある私立中学に
合格率100%を謳う塾がありました。
でも、そのからくりは入試直前期に受かりそうにない
生徒をやめさせて、(塾や受験を)合格率を上げていたとか。
基本合格実績は優秀な生徒をどれだけ集められるかにかかっているし
無理だよといって、受験をやめさせてしまえば、
上がります。
高校受験でも、受験校のランクを下げさせる塾の話は保護者懇談
でも、よくお聴きするのです。
僕は、塾の名誉とか、その後の集客考えずに、
生徒一人一人に納得のいく受験をさせてあげたいし、
途中で夢を投げ出してほしくない。
そこに至るまでの過程が重要だと思っている。
また、その受験をするためにご家庭と二の手、三の手を
進路では考え、分析して弱点強化を指導面では行う。
その点に、僕の存在価値はあると思っています。
あー。中学受験の実績の話でしたね。
すみません。
札幌光星中学1名
藤女子中学 2名
札幌聖心女子1名
です。
昨年度は札幌聖心が1名だったので、増えました。
重要なのは塾として増えたことではない。
生徒目線で考えれば、スタートラインに立つことが出来ただけで
これはラップタイムに過ぎないから。
塾生の中には悔しい思いをしている子もいるのが
現実なので、塾としてはそのケアの方が大切だと思っているし。
負けっぱなしには絶対しない。その決意を新たにするのです。
これは中学受験。そして、こののちの高校受験関係なく。ですね。
こんな塾ですが、春期講習・新入塾生募集中です。
よろしければ、一緒にやりましょう。
最後は宣伝。
札幌市中央区 小中高学習塾 PAT共育ゼミナール

It\'s only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です