何か、燃え尽きてないかも。PAT共育ゼミナール

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年、夏期講習は疲れるんですよ。
一日、9時から22時までたちっぱなし、
しゃべりっぱなし。
いちいち授業するたびに緊張はするし、
長年やってても、授業のたびに緊張はしてるのです。
だらだら、流すようになったら、
塾の先生としては引退すべきだと
思っているので。
ほんで、8月末から9月くらいは
煙出して燃え尽きている状態なのですが、
今年は、なんか違うのですね。
あれもこれもしたいという気持ちが
あり、実際に体が動けているような気がします。
35歳をピークに体が動くようになってきているというか
還暦前にすでに心が若返っている気が
しています。いま、48歳ですが、気持ち的には
32歳くらいになっているので、
もう間もなく、5歳くらいになるかもしれません。
というわけで、もっともっと新しいことを
変化を積み重ねていきます。当塾は。
定番やスタンダードを持てるほどブランディングができているとは
思いません。
壁は打ち壊すために存在するのです。
それは生徒も同じこと。
いろんな壁、コレわからないとか、定期テスト伸びない。
ドウコン伸びないとか。
乗り越えるためにあるのですよ生徒にそういっている以上
指揮官先頭の原則に常に立たないとね。
それを繰り返していれば、
心も体も若返るのは必定かな。
僕ができもしないことを生徒に求められないから
僕は成長しなくてはならないのです。
真面目でしょ。
札幌市中央区 小中高学習塾 PAT共育ゼミナール

It\'s only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です