北嶺中学向け個別指導実施しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

当塾は、小学生の集団授業を行っています。
そちらの方で一定程度、中学受験向けの指導を行っています。メイン教材が中学受験指導用の教材を使っているので。
というのも、札幌市中央区の多くの公立中学が一定程度中学受験向けの知識を入学当初から求められる傾向にあるからです。特に、赴任してこられて日の浅い中学の先生ほど中学受験の知識を求めてくる傾向にある。ですので、中学進学後も伸びる学力を作る下地作りを行っているのです。その甲斐あってか、小5から在籍している生徒には500点満点中480近くをとる生徒もいます。

ですので、小4から中学受験を志望する生徒には、集団指導をおすすめするのですが、北嶺中学や札幌日大、開成、附属などを受験する生徒さんには個別指導もおすすめしています。それぞれの中学の出題の特殊性や出題傾向をしっかりと把握したうえで、最短距離でなおかつ最も効率のいい受験勉強をしていただくためです。私自身、塾の先生を始めたのが灘のおひざ元で、それ以来20数年間中学受験に携わってきましたし、中学受験専門で教えてきた期間が約10年近くあります。その間、灘。東大寺の受験生も見てきましたし、中堅どころも数多く教えてきています。四谷大塚の教材で長いこと指導してきました。四谷大塚教材がどんなものであるかは理解しているつもりです。

基本個別指導も僕しかしません。1コマ50分。1:3まで、これ以上は個別でみっちり教えることができないので。現在は高校生中心ですが、中学受験指導の枠はまだあります。中学受験において、集団指導は競争という観点からすれば重要です。しかし、無駄の部分は免れないところではあります。その子にとってカリキュラム通り進むことがベストの選択であるとは言い切れない。夏期講習にしてももう十分点数取れるところを繰り返され、一方、弱点に関しては時間をかけてもらえないということがままあります。これは、僕の集団指導においても同様である意味宿命的な部分ではあるのですが。

家庭教師や個別指導も教員の力量で差がつくので、問題はないとは言い切れません。
当塾は正直、僕と妻と娘しか先生いなくて、妻は中学受験指導の国語担当をしていました。算数・理科・社会は僕がします。成績保障とかできませんが、今後中学受験をお考えの方にはおススメかなと思っています。

当塾へのお問い合わせはこちらから

It\'s only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です