札幌高校受験のちょっとしたお話。どの高校を選ぶべきか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、高校受験塾の塾長として感じていることがある。東西南北の高校間の合格最低ラインにギャップが出てきているような気がするのだ。転勤がある大手の塾と異なり、当塾は定点観察以外のことはできないのだが、南高と東高の合格層に隔たりが出てきているような気がしてならない。道コンの追跡資料を見ても数字的に大きな動きがあるわけではないが、SS69とSS64だからもともと5ポイントはあるはずなのだが、それ以上の開きが感じられる。
先日、ある私立高校の先生とお話をさせていただいて、東は205点くらいで合格者が、(Aランクの上位ならば)出ているということだった。南は大きく崩してはいないが、東・西あたりは当日の点数が十分に取れない子でも内申で救済されるケースが目立ってきたとのことだった。学習塾のできるできないはどちらかというと学力点という物差しで測ることが多いので、違和感の原因はどうもそんな点にあるらしい。そういえば、北高あたりでも当日点が低い生徒の話を聞いたことがある。今でも、上位高でも内申有利という状況はいまだ続いていると感じられる。

今後、大学入試制度改革が行われていく中で、学校成績や外部検定が活用される可能性は高くなっていくだろうから、(今の中3からですね。)内申重視、つまり、学校の勉強をまじめにする生徒を評価する方向になってくるかもしれない。と同時に、無理して上位の高校に入り、学校の成績をとるのに汲々とするよりは学力的に余裕のある所に入った方が有利という傾向が出てくるかもしれない。まだまだ、情報に目を向けていくことが必要だろうと思う。

一部の生徒から、最近うちの高校は中退が多いという話や、授業自体がまともに成立してないというお話を聞く。具体的に実名は上げることは避けたいと思うが、一部の高校は私立、公立を問わず荒れ気味の様子。生徒指導面にゆるみが出ていることを感じている。以前は全く聞かなかったような、学校にはばれていない飲酒や喫煙などもあるようだ。実際に、こんな情報は塾にも学校にもオープンにするわけがないのだが、ただ、生徒の情報が生徒経由で流出する。比較的評判がよい私立でそのような内容があるだけに、選択には十分に気を付けるべきでしょう。伝聞でしかないことなので。当然当塾の塾生ではありませんし、あくまでも学校における問題だから。あいまいな話で申し訳ございません。

これらの情報が、PAT共育ゼミナールの進路指導面談にはいかされています。だから、偏差値輪切りや高偏差値の学校のみを志向するという進路指導はいたしません。

当塾へのお問い合わせはこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です