代表のブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。
It\'s only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

ブログ一覧

内申ランクにおける私立高校の壁。札幌の私立高校はどこを受けるべきか。

三者面談がどこの中学でも始まっていますが、通知表ももう確定していて、本人にはわかっています。特に3年生は私立高校決定の重要な時期だけに、まあ、公立は説明会を待ってという部分もあるので。。慎重に事に当たる必要があるわけです。塾と違い学校は先生を選べないので、非常に珍妙な私立や公立に対する回答が得られる時期でもあります。多くの先生は3年に1度の進路指導であったりするため、仕方ない部分もありますね。

面談の済んだ生徒からは、内申が上がっていたので志望校の変更や出願方法の変更をどうしましょうという相談をもらっています。そこで、基礎知識としてもう一度内申ランクにおける私立高校の壁を確認していきたいと思います。

まず、私立は公立以上に内申による足切りが多く、内申のランクで決定するというところがほとんど。公立以上にその部分を重視していると思います。

そこでいくつかあると壁を紹介しますと

BランクとCランク

これは、上位、中堅校における特待制度が受けられるかどうかの壁です。おおよそ大学進学を考えられる高校において、ここが基準になるといえるでしょう。ざっくりで考えると通知表の中に5の方が4よりも多いですよという状態と考えればいいでしょう。特待になれば、入学金、授業料が3年間無料というところも少なくないですから、公立高校に進むよりもトータルでの費用が少ないという場合もあるわけです。

DランクとEランク

これが実質的に上位校と中堅校を分ける壁といえます。つまり、オール4かそれ以下かという考え方ですね。多くの進学実績を持つ高校の上位クラスはこのラインで分けられます。中学校の先生はEランクならば、滑り止めの存在としての私立を中堅どころの学園札幌、この近辺でいうと設定しようとします。しかしながら、学校によっては上位クラスであってもEランクで合格しているところも多いので実は考えどころです。私立の単願にして少し難しめの私立にするか、安定的な公立にするか。。。むしろ選択肢が多いといえる層なので、戦略を基本から考えなければなりません。より良い学校選択のために。

GランクとHランク

以前も申し上げていますが、この壁が最大の壁です。公立ではまた少し違うのですが、私立の場合はオール3に当たるGランクと、2が混じりこむHランクでは大きな違いがあります。Gランクであれば無条件に合格させるけど、Hならば、絶対合格させないという学校もあり、Gランクというラインに到達しなければ、選択の幅が大いに狭まるといえます。年によって違いはありますが、個別でもなんでもとにかくGランク死守は合言葉になっている生徒は現PAT共育ゼミナールでも以前在籍した塾でも少数はいらっしゃる。進路指導の相談を受けるものとして、Gランクがあると相当お話を保護者の方にも私立の学校の方にもしやすいのです。そのくらい大きな壁であるといえます。

今後の動きは、2学期前半に鍜冶は私立に向けて動きます。その結果を12月の3者面談に向けて、生徒、保護者にフィードバックしていきます。公立は落ちる可能性がある受験。ならば、万が一に備えるべきです。それは、生徒の場合学習であり、保護者の場合、落ちたけれど、この学校ならばいいよねと思える学校を選択することにあると思います。

夏期講習生徒募集中です。

It\'s only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
2017年7月12日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : patkyouiku

PAT共育ゼミナールの夏期講習の考え方。新聞折り込み広告は入れない。

当塾は夏期講習時、新聞折り込み広告を入れません。
いくつか理由があるのですが、

・塾生に向けてのイベントであるから

① 広告費を現在いる生徒に転嫁しない
いうまでもなく、外に向けてのいわば、お客さんを集めるための企画ではありません。新聞の折り込み広告は4回で約30万から40万かかります。1教室当たりです。それで、有料の講習生が20人集まれば、十分広告代は回収できるのですが、その後定着する生徒も含めて。しかし、秀英さんのように無料ということになれば、その費用はどこから捻出されるのでしょう。いうまでもなく、塾生の受講料の何パーセントからということになります。逆に、塾側が思い切って、それをしないと決めてしまったら。その何パーセントかは生徒さんに還元できることになります。もっと、値段を下げるか、授業の回数を増やすか、設備・サービスを充実させるか。当塾が選択したのは後者です。全く広告を打たないということもできませんので、広告は印刷しましたが、部数は極力少なく、地域に私なり、スタッフ成りが配れるる範囲でしかありません。

② あまり人数を増やせない
当塾は大量に広告を投下し、大量に生徒を増やすことができません。スタッフは、塾長の自分と指導経験のある家族(嫁と娘)だけなので、多くの生徒さんをかき集めることは質の低下につながってしまいます。自分で何でもしなければ気が済まない職人気質が災いして、栄光ゼミナールを退職し開いた塾なので、たくさんの生徒さんと出会いたいという欲求をはあるものの、あまり出会いすぎてしまうと身の丈を超えてしまう。自分の目の届く範囲で授業を行い、ひとまかせにしないのが、当塾の塾是です。非常勤講師や経験の浅い教員では、質の低下がまま発生します。少数の生徒さんにじっくり向き合いたいと思っているし、現在の塾生さんはその点を気に入ってもらっていると思うのです。今回も夏期講習は大変魅力的です。24日間毎日通っても無料だし。ほかの塾とは比較にならないくらい安くて、高品質で、なおかつ、時間数も多いですから。 だからこそ、身の丈を超えないセーブが必要です。とはいえまだ席に余裕はあります。

塾の夏期講習の目的と通わせる保護者の目的がずれている講習会は不幸です。学校も何もない時期、時間をたっぷり使える講習会であるから、じっくり時間をかけて生徒と向き合っていく必要があります。そこには合宿とか必要ありません。弁当を二つ持って塾に来ればよい。それだけでトコトン鍛えられる、勉強ができる。それが夏期講習会の在り方であると当塾は考えています。

当塾へのお問い合わせはこちらのページ

It\'s only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

札幌南高生、個別指導しています。各高校の進度状況。

当塾で、私が個別指導している高校は、札幌南、札幌旭丘、札幌日大、静修、学園札幌など多岐にわたるのですが、各高校ごとにやはり課題が違うので個別指導で対応しています。高1段階の比較でいうと、やはり一番早いのは札幌南、札幌日大という順になり、札幌旭丘はそれほど早くないというか、もう少しペースを上げるべきではないかと思っています。

札幌南

教科書を2冊持たせています。高1と高2です。両方を併用する形で進めていますが、旧課程の単元のうち数Ⅰから数Ⅱへと移った部分も併せて指導している状況です。しかし、複素数、虚数などは高Ⅰの段階で履修する流れになっているようです。この部分ではおそらく躓く生徒も多いのではないかと考えます。進度が早いので多くの潜在的数学難民を生み出している可能性は高いですね。でも基本的についてこれる者だけついてこい、あるいはついてこれるように自分で努力しろということなのだろうと思います。その点においては自助努力が必要でしょう。もうすでに、道コンでどのくらいの偏差値とれたかなどは全く関係ない時期になっているし、数学は中学時代得意だったという意識を捨て去らないと根本的に解決にはたどり着けないと思います。過去にとらわれない自分にどれだけ早く変われるかが夏休み以降のポイントです。成績いい子ばかり集まるからこの順位でしょうがない。また勉強すれば、結果が出ると信じていると現状の打破はおそらくできないと思います。少なくとも上位4分の1に入っていないと北大は現役合格難しいのですから、また、浪人で確実に実力が向上する補償などどこにもありません。一番確実なのは今の成績を向上させること以外にはありません。

札幌旭丘

高1段階での進度は緩やかです。先取りは入れていないどころか、高1段階で数Ⅰの内容さえ終わらないというケースもあります。それが単位制というシステムのせいなのか、生徒の能力なのか、学校の方針なのか、これはわかりません。しかし、現実的に新課程=現在のカリキュラムで進む以上、若干の先取りはセンター入試のために必要というのは当塾の考え方なので。学校成績は1番優先で考えながらも、次の展望をしつつ指導をしています。あまり、芳しくなかった成績も高2までで大きく伸ばすことができています。数学は校内でSS60オーバーというところでしょうか。問題も教科書レベルから大きく離れるところではないので、どれだけ地道に演習問題を積み重ねられるかという点が成績の分かれ目になることが多いと考えられます。

なんでもご相談いただければ、最適解はご説明できるかと思います。

当塾への問い合わせはこちら

夏期講習も個別指導できますのでご相談ください。

 

It\'s only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

北大現役合格実績にみる札幌各高校の実力

あちらこちらから、大学の合格実績が出ているわけですけれど、北海道は北大をその中心として考えます。ですので、2017年版の北大の合格実績から各高校の実績を考えてみたいと思うのですが、なぜ、現役かというと素直に高校の実力を見る目安だと思うのです。例えば、東大が1名出たとしてもそれは高校の実力とは言えません。浪人かもしれない。そして、その子だけがその高校の中で図抜けてできただけかもしれないのです。まずは主要、高校の合格者のランキングを見ると。
札幌圏のみです。

人数

札幌北  128名  88名 (66.9%)
札幌南  112名  75名 (68.7%)
札幌西   86名  49名 (56.9%)
札幌東   66名  44名 (66.6%)
札幌開成  48名  38名 (79.1%)
札幌旭丘  36名  20名 (55.5%)
北広島   25名  18名 (72.0%)
札幌光星  25名  17名 (68.0%)
北嶺    21名  12名 (57.1%)
札幌第一  20名  14名 (70.0%)
札幌国際情報16名  10名 (62.5%)

右の数字は現役合格者数です。西と東の間では20名の開きがあるにもかかわらず、現役生になるとほとんど数値が変わらない状況なのです。開成の数値はある意味最高になる可能性があります。今後は中等教育学校の開講のあおりを受けた超低倍率期間にゴズモサイエンスは突入しますので。昨年躍進した札幌第一が大きく数を減らしています。一方、北広島はこの中で唯一合格ラインは道コンのss50台(ss59)。むろん、今の数値ではありません。今年の現役生が、入試を受けた当時のものです。内部でどれだけ努力させているかがわかる結果だと思います。国際情報も実施的な特進クラスである普通科が80名しかいませんから。かなり頑張っているのではないでしょうか。数字のみに目がいくと、本当の実力がわかりません。
では、北広島がどれほど努力させているかということがわかるデータを提示しますと、
立命館慶祥 ss64 現役合格者数 8名 全合格者数12名
月寒 ss60 現役合格者数 5名 全合格者数13名
手稲 ss59 現役合格者数 6名 全合格者数12名
立命館はさらに、中学からのspコース初年度でした。個人的な感想としては、中学受験からでも受けなければならない学校とどうしても思えません。では、北嶺はどうかというと卒業生が120名ほどという点とそのほかの難関大学に合格する比率が高いので、逆に北大という観点でとらえることのできない学校だと考えています。立命館は全卒業生から考えても3%しか、現役で、北大には合格しません。
月寒の凋落ぶりはある意味、凄まじいものがあります。内申でBからCランク、SS60必要な学校であるにもかかわらず、北大への現役合格は2%未満。それならば、北海の特進(SS56 10/11)の方が可能性は高いといえるでしょう。以前から言っている通り大学の合格実績、しかも、北大の合格実績が高校の実力のすべてではありません。塾とは基本的に考え方が違うのですが、今の各高校ごとの教育システムを比較すれば、おそらくこうなるだろうなという結果しか出てきません。ある意味今年の実績は僕にとっては予想通りでした。教える内容は、カタログスペックではない。説明会やパンフに書いてあることは、カタログ上のスペックであり、その子その子に応じた最適な内容であるかはわからないのです。それを、情報として伝えられない学校や塾に通うというのは不幸であるとしか言いようがないかなと思います。
塾は勉強だけ教えていればいいという発想ではなく、その子の5年後、10年後をイメージしていろいろなことを伝えられる存在でなくてはならないと思っています。

It\'s only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
2017年6月26日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : patkyouiku

PAT共育ゼミナールの夏期講習の考え方。P@Tコースは何回受講しても無料です。

当塾の夏期講習について、塾生に対するサービスであることは前回の記事でも触れました。僕らとしてはもう一つの意味をこの夏期講習、というか、講習一般には持たせています。
それは、地域に対する還元です。その象徴がP@Tコースの無料開放なのです。これによって、塾生に不利益が生じてはならないのですが、P@Tについては、先着順の完全予約制で、無料の授業を行います。元来、P@Tコースの通い放題には講習会という概念が存在しません。月ごとに、通い放題=何回来ても定額制をうたっているのですから、7月だろうと8月だろうと夏休みも冬休みも何回来ても追加料金が発生しないシステムなのです。
夏期講習期間は、これを地域のみなさん。具体的に言えば、山鼻小、伏見小、幌南小、幌西小、資生館小などの方にも、日頃お世話になっている分を還元していこうという考え方なのです。当然、柏中、伏見中、中島中、山鼻中などの方も対象となります。僕らとしては、学習塾というのは地域の支持なしには存立しえないものであると考えています。大切な子供を預ける場所である。子供がたくさんいるという点においては、弱者の集団になるわけで、地域の理解と庇護が必要とされます。また、思春期の生徒たちは、とかく、地域の中で迷惑をかけたりもします。その際に、温かい目を注いでもらえるような塾、学校でなければならないと思っています。うちの生徒のやらかしは、うちの塾にいる以上、僕らの責任である。と考えますから。その点において、地域の中で孤立する塾であってはいけないし、そのあるべき地域への還元を僕らは考えていかねばならないと思っています。
子供は地域で育てるもの。その部分に、当塾として協力できるところがあってもいいのではないかと考えています。
だから、講習会終了後の入塾が前提です。とか、勧誘のお電話をさせていただいたりということもありません。講習期間中は何回までという回数制限もありません。プリントを用いる授業なので、テキスト代が必要ですということもありません。講習期間中に感じたことについては、お話もさせていただきます。
現在、こちらをご利用の方は、

・お母さんの出勤に合わせて、塾に来る。午前中いっぱい学習。
・学校の宿題をしてから、プリント・個別指導。
・学校のテストに合わせて、テスト勉強(小学生)
・学校の進度に合わせて演習。
・学校の先取りで、次の学年の学習をプリントで実施。

など様々です。

地域還元をお気軽にご利用いただければと思います。

当塾へのお問い合わせはこちらから

メールで気軽にお問い合わせください。info@pat-kyouiku.com

It\'s only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn