代表のブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。
It\'s only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

ブログ一覧

札幌高校受験のちょっとしたお話。どの高校を選ぶべきか?

近年、高校受験塾の塾長として感じていることがある。東西南北の高校間の合格最低ラインにギャップが出てきているような気がするのだ。転勤がある大手の塾と異なり、当塾は定点観察以外のことはできないのだが、南高と東高の合格層に隔たりが出てきているような気がしてならない。道コンの追跡資料を見ても数字的に大きな動きがあるわけではないが、SS69とSS64だからもともと5ポイントはあるはずなのだが、それ以上の開きが感じられる。
先日、ある私立高校の先生とお話をさせていただいて、東は205点くらいで合格者が、(Aランクの上位ならば)出ているということだった。南は大きく崩してはいないが、東・西あたりは当日の点数が十分に取れない子でも内申で救済されるケースが目立ってきたとのことだった。学習塾のできるできないはどちらかというと学力点という物差しで測ることが多いので、違和感の原因はどうもそんな点にあるらしい。そういえば、北高あたりでも当日点が低い生徒の話を聞いたことがある。今でも、上位高でも内申有利という状況はいまだ続いていると感じられる。

今後、大学入試制度改革が行われていく中で、学校成績や外部検定が活用される可能性は高くなっていくだろうから、(今の中3からですね。)内申重視、つまり、学校の勉強をまじめにする生徒を評価する方向になってくるかもしれない。と同時に、無理して上位の高校に入り、学校の成績をとるのに汲々とするよりは学力的に余裕のある所に入った方が有利という傾向が出てくるかもしれない。まだまだ、情報に目を向けていくことが必要だろうと思う。

一部の生徒から、最近うちの高校は中退が多いという話や、授業自体がまともに成立してないというお話を聞く。具体的に実名は上げることは避けたいと思うが、一部の高校は私立、公立を問わず荒れ気味の様子。生徒指導面にゆるみが出ていることを感じている。以前は全く聞かなかったような、学校にはばれていない飲酒や喫煙などもあるようだ。実際に、こんな情報は塾にも学校にもオープンにするわけがないのだが、ただ、生徒の情報が生徒経由で流出する。比較的評判がよい私立でそのような内容があるだけに、選択には十分に気を付けるべきでしょう。伝聞でしかないことなので。当然当塾の塾生ではありませんし、あくまでも学校における問題だから。あいまいな話で申し訳ございません。

これらの情報が、PAT共育ゼミナールの進路指導面談にはいかされています。だから、偏差値輪切りや高偏差値の学校のみを志向するという進路指導はいたしません。

当塾へのお問い合わせはこちらから

 

It\'s only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

PAT共育ゼミナールの夏期講習についての考え方。他塾の倍量の授業数

PAT共育ゼミナールは夏期講習での外部集客をあまり目的とはしていません。外部集客を目指すならば、お手軽に、日数を減らして、無料ですればいいのです。そこで体験させて、入塾にすればいい。でも、お手軽な日数で短い授業時間、そんなので本当に力がつくのだろうかと思うのです。道コンの順位と同じで客寄せの手法でしかないと僕は考えています。

当塾の夏期講習は、まず塾生のへのサービスです。だから、中3でいえば英語、数学27回授業をして、理科社会でいえば20回授業をして、個別で行う問題演習の時間内に、巡回指導を行い、とにかく時間をかけて力をつけていくのです。そのための夏期講習であるのです。金額的に言えば、他塾と変わらないか安いですから、時間数は倍量で、授業料は同等。サービス特価なのです。塾生があるいは保護者の方が、ほかの塾に行っている子は高いお金出して、この程度の時間でかわいそうねと思ってもらえるものを作りたいと思っています。実際にできていると思っています。

と同時に僕の自己満足という側面もあります。
基本、僕は不安なのです。生徒を家でおいておくことに、ついつい勉強してないんじゃないかないか。とか、宿題がわからず困っていて、解答写すだけで終わっているんじゃないかとか。かんがえてしまいます。解答なんて移すためにあるでしょ、くらいの勢いで、宿題は〇ばかり、でも、テストはからっきしという生徒さんを多く見てきているので。。。うちの娘も例外ではなくて。誤答に向き合うことができない。つねに、その不安がぬぐい切れないのです。だから、できるだけ長時間、僕の目の届く場所に置いておきたいし、宿題をこの塾でやってもよい。わからなかったら、僕でも、奥さんでも、文先生でも聞けばよい。むろん、参加しない生徒向けの通常授業は、7月でも8月でも実施します。4回きっちり。夏期講習というサービスによって、その月の授業がなくなってしまうのもおかしいと思うので、本当に力がつく夏期講習を実施します。

塾生に対するサービスだと思うので、新聞折り込み広告も入れません。折り込み広告=広告宣伝費を生徒の受講料に上乗せするのは何か僕自身は納得いかないから。僕のお小遣いで何とかできるものではないのだし。

とはいえ、このような夏期講習でよければぜひご参加ください。7月26日から8月24まで。お問い合わせはPAT共育ゼミナール011-206-1771です。

当塾へのお問い合わせはこちらから

It\'s only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
2017年6月22日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : patkyouiku

札幌の中学受験についてちょっとお話。現在まで。

仲良くしていただいている中学校、高校の先生からお聞きした話です。
北嶺の下のラインは少し下がっていないかな?ということでした。

札幌日大のスーパーアクティブに不合格で、北嶺に合格という生徒が今年は10名以上いたそうです。(裏どりしてあります。)中学受験全体の受験者、北海道におけるものが若干下がっているのかもしれません。どんな場合に、私立中学の受験レベルが上がるかといえば、一番端的なのが公立高校の大学合格実績が低迷する、あるいはレベルが下がる場合。それと大きな大学入試制度改革が行われた場合です。例を挙げれば、東京都や兵庫県などに、総合入試選抜が導入されたとき、ぐんと私立中学受験がレベルアップしています。また、学区の細分化も中学受験を後押しする力となります。逆に言えば、公立高校に元気がある場合は、そちらを志望する生徒が増えていきます。最近、札幌南がうまく合格実績を出していますので、その流れが影響を及ぼしている可能性はあるかもしれません。ただ、公立高校のレベルにも格差が広がっているという話もあります。こちらはまた別の機会があればと思います。
近畿や東京からの受験生も北嶺には多いですが、最終的にここをターゲットとする生徒は10名前後、あくまでも、道内や札幌市内での戦いであることには変わりがありません。

また、問題は北嶺の理社重視への転換もトピックといえるでしょう。これまでの配点が国・算各100点、理・社各50点だったものが、国・算120点、理・社各80点となります。つまり、国語・算数が1.2倍になったのに対し、理・社は1.6倍となりました。これは、理社が得意な方に対する朗報ですが、むしろ救済されるのは国語が苦手な生徒でしょう。道コンなどの分析と異なりますが、北嶺の国語は難しいのです。指導できる教員も限られていると思います。記述の比率が近畿圏、首都圏と比較しても高く、時間内で正確な内容を書ききるためには相当な頑張りが必要。正直、武蔵や麻布向けの特訓でもいいような気がします。それに比べると、算数は四谷大塚ではオーバーキルじゃないかと思います。あくまでも僕の感想ですが、確かにフィボナッチ数列とかも扱われますが、全体の出題としては素直かな。だから、国語の最高点も80を超えないという状況になるわけです。その失点を理・社でカバーできる。これまでは、国・算どちらかが著しく苦手な生徒に合格の可能性は低かったわけですが、努力次第で手の届く可能性は高くなったといえるでしょう。このようなことを言わなくても合格できる生徒を集めた塾が、実績を上げるわけではあるのですが。むしろ、そのような生徒をいかにして集めるかが、大手の塾の腕だとさえいえる。これは、首都圏でも、近畿圏でも変わらぬ真理ではあります。零細である当塾は今いる生徒さんにベストの指導を提供することしかないのです。

当塾へのお問い合わせはこちらから

It\'s only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

北嶺中学向け個別指導実施しています。

当塾は、小学生の集団授業を行っています。
そちらの方で一定程度、中学受験向けの指導を行っています。メイン教材が中学受験指導用の教材を使っているので。
というのも、札幌市中央区の多くの公立中学が一定程度中学受験向けの知識を入学当初から求められる傾向にあるからです。特に、赴任してこられて日の浅い中学の先生ほど中学受験の知識を求めてくる傾向にある。ですので、中学進学後も伸びる学力を作る下地作りを行っているのです。その甲斐あってか、小5から在籍している生徒には500点満点中480近くをとる生徒もいます。

ですので、小4から中学受験を志望する生徒には、集団指導をおすすめするのですが、北嶺中学や札幌日大、開成、附属などを受験する生徒さんには個別指導もおすすめしています。それぞれの中学の出題の特殊性や出題傾向をしっかりと把握したうえで、最短距離でなおかつ最も効率のいい受験勉強をしていただくためです。私自身、塾の先生を始めたのが灘のおひざ元で、それ以来20数年間中学受験に携わってきましたし、中学受験専門で教えてきた期間が約10年近くあります。その間、灘。東大寺の受験生も見てきましたし、中堅どころも数多く教えてきています。四谷大塚の教材で長いこと指導してきました。四谷大塚教材がどんなものであるかは理解しているつもりです。

基本個別指導も僕しかしません。1コマ50分。1:3まで、これ以上は個別でみっちり教えることができないので。現在は高校生中心ですが、中学受験指導の枠はまだあります。中学受験において、集団指導は競争という観点からすれば重要です。しかし、無駄の部分は免れないところではあります。その子にとってカリキュラム通り進むことがベストの選択であるとは言い切れない。夏期講習にしてももう十分点数取れるところを繰り返され、一方、弱点に関しては時間をかけてもらえないということがままあります。これは、僕の集団指導においても同様である意味宿命的な部分ではあるのですが。

家庭教師や個別指導も教員の力量で差がつくので、問題はないとは言い切れません。
当塾は正直、僕と妻と娘しか先生いなくて、妻は中学受験指導の国語担当をしていました。算数・理科・社会は僕がします。成績保障とかできませんが、今後中学受験をお考えの方にはおススメかなと思っています。

当塾へのお問い合わせはこちらから

It\'s only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

開成中等教育学校の不安。

今年、
当塾から開成中等教育学校を受験して合格している生徒はそのまま、中1の集団コースに在籍しています。
実際に、指導に携わる中若干不安に思っていることもあり、ちょっとまとめてみたいと思う。

中3のお母さんからよく聞く話としては、現在の中学3年生はかなり苦労をしている
ということだった。詳しい内容は聴いていないけれど、中1の段階からいじめがあったり、先生の経験が乏しいということは聴いていいたのだが、まあ、そうなるわなという当然の帰結であり、驚きはなかった。

しかし、実際に指導をしてみると公立中学とのギャップに驚く。
例えば、数学では正負の数が終わった後は、平方根に進む。当然、中3配当である。
クラスの半数は理解できていないと生徒からは聴いている。

従来であれば、当然公立中学と同じ進度の集団授業には入れないはずだが、鍜冶マジックを発動させて対応してしまっている。栄光ゼミナールの北海道にいた方であれば、鍜冶マジックという言葉に一抹のなつかしさを感じるはずである。本筋ではない。

英語はスピーキングに力が入っている。国語もプレゼンテーションがやたらと多い。全国的にみるとプレゼンテーションについての国語の出題は増えているのだが、いまだメインストリームではない。社会も自分で選んだ歴史上の人物について、
研究と発表をさせる。坂本龍馬の次に、織田信長の発表が行われ、翌週にはクラーク博士が発表されるような塩梅だそうだ。

これでは、普通の塾では対応が不能である。と同時に定期テストなる概念も存在しない。
ある意味で大変先進的で「理想」の教育だし、これからの世界では必要な部分かもしれない。というか、必要とされるだろう。

しかし、基礎となる知識は大変弱い。教科書の単語を「書く」ことができない。漢字もおそらくは同様。地理、歴史も基礎の流れが落ちている可能性がある。

いわば、入試から徹頭徹尾、PISA型の学力観に基づいているのだ。
今後の入試制度改革を踏まえたものではあり、明らかにセンター型のものではない。
今後は外部の英検やGTECなどが入試代わりになるのだから、英語の4技能すべてが必要となるのは明らかである。しかし、それらを重視することと知識を軽視することは全く別物であるように思うのだ。
思考するベースは言語であり、その知識がないところでは、思考を組み立てることができない。日本には表意文字である漢字の文化があり、そのことが思考力を高めるのに役立つことは、多くの人が認めるところではないかと思う。

果たして、一定ラインの知識を持たない。つまり、思考するすべを持たない人材を大学があるいは大学の教員が受け入られるのだろうか。その知識の定着をはかるための練習が必要なのだということを知るのが中学時代であると思うのだけれど。当塾では、知識の定着をメインに置くということで伝えてある。PISA型の部分は学校でしてもらい、塾では対応しない。一方、公立中学と同様の知識はここで学び、定着させていく。分業のような形になるのだが、開成中等教育学校の教育を否定するつもりはないし、必要なものとして理解しているのだが、バランスのいい成長のためには、知識を導入をサポートしていく部分も必要なのだろうと考えている。

 

当塾へのお問い合わせはこちらから

It\'s only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn