2015年北海道公立高校受験動向(札幌版)11月までの特に開成あたり。

このエントリーをはてなブックマークに追加

受験情報といいつつ、ブログとスタイル自体は変わらないチックなののですが、道コンの志望者を見る限りでは、相変わらず、札幌開成のコズモサイエンスの不人気ぶりは変わらない感じですね。昨年同様、どこに流れるかが焦点となりそうですが、札幌新川とかにやはり流れるのか札幌東に流れるのかは重要な見るべきポイントであるような気がします。この動きというのは公立中学の先生は残念ながらあまり伝わらないと思うのですね、道コンのデータを持っている先生少ないと思うので。だとすると学習塾なわけですけれど、あまり札幌の塾って進路指導している様子がなくて学習指導だけのようですよね。うちは結構、戦略練って、僕自身が私立の先生に直で交渉したりするんですけど。高校も。結果、お母さんと先生の意見が衝突するとかもあるので恐縮なのですが。コズモサイエンスを敬遠する傾向というのは倍率が上がった時の志望校変更が啓成の理数くらいしかなくなってしまうことに原因があるように思います。上に変えるにも下に変えるにも不自由で決め打ちにならざるを得ない危険性が。。。リスクを分散するという意味ではあまり塾も学校も受けさせたくない学校かもしれません。あれだけ高かった基準も今年一年でかなり低下しましたし。目指している方がいるとしたならばかなりチャンスであることは言えるかもしれません。1月の道コンでほぼ確定だと思うのですが。上位校に関してはその年の北大の現役合格者数にかなり影響される部分は大きいですが、今年はちょっと様子が違うかもしれません。すこし、考え方が変わっているかも。なんにせよ冬期講習以降でしっかり頑張りきれた生徒が合格を勝ち取っているケースは多いので、この冬期講習の重要度は言うまでもありません。

とりあえずまとめると、新川は今年も厳しいかもしれない。

札幌東も厳しいかもしれない。一方札幌北は若干ゆるむかもしれない。

いろいろ想定できることはありますが、発信できることがあればまた書きます。

PAT教育ゼミナールでは中3生の冬期講習受講も受け入れています。興味のある方は是非お問い合わせください。

It\'s only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です